(現場へ!)ティグライ、紛争の傷痕:4 日常は戻るも、口閉ざす住民

有料会員記事

[PR]

 エチオピア北部にあるティグライ州西部での取材は、エリトリアとの国境の町ヒメラを拠点にした。町で一番大きい教会のすぐ先には国境線となるテケゼ川が流れ、エリトリア領も見わたせる。

 昨年11月9、10日ごろ、この町に砲弾が降り注いだ。ティグライ人民解放戦線(TPLF)の部隊を排除するため、政府軍側で参…

この記事は有料会員記事です。残り1138文字有料会員になると続きをお読みいただけます。