(評・音楽)新国立劇場「カルメン」 音楽がありありと伝えた心理

有料会員記事

[PR]

 新国立劇場による新制作、ビゼーの「カルメン」を見た(6日)。演出はアレックス・オリエ。一昨年の「トゥーランドット」も手がけ、女性がモノ扱いされる“ハッピーエンド”を堂々と拒絶するエンディングで話題を集めた。

 舞台は現代の日本に移し替えられ、ポップで現代的な装いに。セビージャのたばこ工場はライヴハ…

この記事は有料会員記事です。残り567文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら