(評・舞台)世田谷パブリックシアター「森 フォレ」 命の必死な伝達に静かな感動

有料会員記事

[PR]

 コロナ禍にあって、毎日命の危機にさらされている。だからこそ、命を守り、それを必死に伝達しようとする人々を描いた「森 フォレ」(ワジディ・ムワワド作、藤井慎太郎翻訳、上村聡史演出)が、執筆当時の作者の知らぬ状況ながら、時宜を得たとも言うべき静かな感動を呼ぶ。

 これは「炎 アンサンディ」「岸 リトラ…

この記事は有料会員記事です。残り558文字有料会員になると続きをお読みいただけます。