(評・舞台)椿組「貫く閃光、彼方へ」 60年代の陽画、反転した先は

有料会員記事

[PR]

 東京五輪をめぐり、1960年代のエネルギッシュな陽画が反転して、現在のクールな陰画をほのかにあぶりだす。中村ノブアキ脚本、高橋正徳演出の椿組公演「貫く閃光、彼方へ」は、そんな思いに誘う。

 新丹那トンネルは64年10月1日に開通し、同時に東海道新幹線が開業、同10日に東京五輪が開幕した。トンネルを…

この記事は有料会員記事です。残り560文字有料会員になると続きをお読みいただけます。