(インタビュー)いまだ掻爬する国 産婦人科医・遠見才希子さん

有料記事

[PR]

 中絶というと、子宮に器具を入れてかき出す「掻爬(そうは)」を思い浮かべる人が多いだろうか。海外では1980年代から経口薬を使う方法が広がったが、日本はいまだに掻爬が多用されている。産婦人科医の遠見才希子さんは、この掻爬にこそ、日本社会の女性への意識が映し出されていると考えているという。それは、何で…

この記事は有料記事です。残り3490文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!