中国GDP、伸び鈍化 4~6月、7.9%増 コロナ反動一服

有料会員記事

[PR]

 中国国家統計局が15日に発表した4~6月期の国内総生産(GDP、速報値)は、物価の影響を除いた実質で前年同期比7・9%増だった。新型コロナウイルスの影響で落ち込んだ1年前からの反動もあり、プラス成長は5期連続。だが、足元では成長速度は緩やかになっている。

 ■資源高、企業の収益下押し

 「我が国…

この記事は有料会員記事です。残り1082文字有料会員になると続きをお読みいただけます。