EU、再エネ電源65%目標 2030年、現在から倍増

有料会員記事

[PR]

 欧州連合(EU)の行政を担う欧州委員会は14日、電源構成に占める再生可能エネルギーの割合を、2030年に65%に引き上げる目標を打ち出した。現在の比率を倍増させる野心的な目標だ。同時に発表したガソリン車の事実上の販売禁止や電気自動車(EV)のインフラ整備拡大、輸入品を対象にする「炭素国境調整措置」…

この記事は有料会員記事です。残り1266文字有料会員になると続きをお読みいただけます。