中ロ、アフガン情勢「懸念」 米軍撤退を批判、飛び火警戒 「上海協力機構」外相会議

有料会員記事

[PR]

 米軍が8月末を目標に撤退を進めるアフガニスタン情勢をめぐり、中国やロシア、中央アジア諸国などが加盟する「上海協力機構(SCO)」は14日、タジキスタンの首都ドゥシャンベで開いた外相会議で、治安悪化への懸念を表明した。中国はロシアと足並みをそろえ、早急な軍撤退を進める米国を批判して影響力拡大を目指す…

この記事は有料会員記事です。残り1294文字有料会員になると続きをお読みいただけます。