(プレミアシート)「プロミシング・ヤング・ウーマン」 犠牲は終わりにしよう

有料会員記事

[PR]

 この映画のタイトルは大学キャンパス内での性暴力事件において、加害者によく使われる常套句(じょうとうく)のもじりである。(こんな事件で)「前途ある若者」の未来を閉ざしていいのか、と。だが、ならば被害者はどうなのだろう? 彼女は「前途ある若い女性」ではないのか?

 これは女性への性犯罪を贖(あがな)わ…

この記事は有料会員記事です。残り740文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載プレミアシート

この連載の一覧を見る