(声)平和のバトン シベリアの父へ、手を合わせた海

有料会員記事

[PR]

 主婦 末永ユリ子(東京都 78)

 1979(昭和54)年3月、朝日新聞の「ひととき」欄に、シベリアに抑留され亡くなった父についての私の文章が載りました。平成になり、ウラジオストクへのツアー旅行の募集を目にし、母と2人で参加することにしました。

 91年8月19日。母がツアー参加のため、山口県から…

この記事は有料会員記事です。残り290文字有料会員になると続きをお読みいただけます。