待機中の職域接種、半数は盆明け開始 河野担当相が見通し

有料会員記事

[PR]

 新型コロナウイルスのワクチン接種をめぐり、河野太郎行政改革相は16日の閣議後会見で、申請が殺到して受け付け休止となった「職域接種」について、申請を受け付けた約5千会場のうち、約半分は待機状態が続き、その多くが8月のお盆明けにならないと開始できない、との見通しを示した。

 企業や大学などの職域接種は…

この記事は有料会員記事です。残り512文字有料会員になると続きをお読みいただけます。