在宅応援、つながる 社員向けバーチャル会場/海外選手へ動画 東京五輪

有料会員記事

[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、在宅での応援が求められている東京五輪パラリンピック。企業で、大学で、新たな応援様式を模索する動きが広がる。

 ソフトウェア開発会社「アジャイルウェア」(大阪市)は五輪期間中、業務用のバーチャルオフィス内に社員向けの「応援会場」を設ける。自宅のテレビで同じ競…

この記事は有料会員記事です。残り712文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら