(時代の栞)「木枯し紋次郎」シリーズ 1971年~・笹沢左保 横たわる深い虚無感

有料会員記事

[PR]

 ■「外れた」者の反骨心、共感と憧れ

 薄汚れた道中かっぱに三度笠。長い楊枝(ようじ)をくわえたニヒルな渡世人。世のしがらみや世間体に背を向け、何かといえば「あっしにはかかわりのねえこって……」。

 上州(群馬県)は、新田郡(にったごおり)三日月村(みかづきむら)に生まれた「木枯(がら)し紋次郎」…

この記事は有料会員記事です。残り2778文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら