(声)五輪ボランティア、覚悟持ち参加

有料会員記事

[PR]

 介護福祉士 大塚桂(神奈川県 46)

 私は「東京2020大会」の大会ボランティアだ。20年以上、スポーツボランティア活動をしてきた私にとって最高の檜(ひのき)舞台が明日、開幕する。

 しかし、ワクワクする気持ちはすでにない。新型コロナウイルスに対し、判断や対策が後手後手かつ的外れな政府。競技場や…

この記事は有料会員記事です。残り371文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載

この連載の一覧を見る