国立競技場のUD、レガシーに 建築家と障害者、重ねた話し合い/公共施設整備に活用期待

有料記事

[PR]

 23日に開幕した東京五輪。その主会場となる国立競技場の建設過程をレガシー(遺産)として残し、今後の公共建築に反映させようと考える人たちがいる。「世界最高水準」のユニバーサルデザイン(UD)をめざして話し合いを重ねた建築家と障害者、専門家だ。

 「大規模な競技場で、これほどUDのワークショップを開…

この記事は有料記事です。残り1787文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。