転職者、10年ぶり減 コロナ、雇用情勢悪化 昨年

有料記事

[PR]

 2020年に転職した人の数は、前年より32万人少ない319万人で、10年ぶりに減少に転じた。厚生労働省が今月公表した21年版「労働経済の分析」(労働経済白書)に盛りこみ、新型コロナ禍による雇用情勢の悪化が響いたと指摘した。

 総務省労働力調査をもとに、比較できる02年以降のデータを厚労省が分析し…

この記事は有料記事です。残り451文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。