(リレーおぴにおん)声を感じて:4 喜怒哀楽、独特の枯れた響き 安聖民さん

有料会員記事

[PR]

 「不思議な声やなあ。どうやって歌うんやろか」。韓国語を習い、民族意識に目覚めつつあった大学生の頃、カセットテープから流れる「パンソリ」を耳にしました。おなかに響く圧倒的な声量、胸が締め付けられるような悲しい声、動物や鳥の滑稽な鳴き声。太鼓の音が小気味よく響きます。

 「パン」とは「場」のこと。「ソ…

この記事は有料会員記事です。残り818文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら