三菱電機、不正どこまで拡大 安全認証ない材料使用、新たに14万台出荷判明

有料会員記事

[PR]

 三菱電機の製品をめぐる不正が広がりを見せている。安全認証がない材料を電流制御機器に使っていた問題では、新たに約14万台の出荷が判明した。杉山武史社長(64)は近く退任し、不正調査は新社長に引き継がれるが、全容の解明には時間がかかりそうだ。

 ■全容解明へ、社外の弁護士ら調査開始

 三菱電機による…

この記事は有料会員記事です。残り1600文字有料会員になると続きをお読みいただけます。