国産ワクチン追加治験へ 実用化見通し立たず アンジェス

有料会員記事

[PR]

 新型コロナウイルスへの国産ワクチン開発で、難しさが浮き彫りになっている。創薬ベンチャーのアンジェスは開発中のワクチンについて、追加の臨床試験(治験)を始めると発表した。当初は今年中に最終段階となる大規模な治験の開始を目指していたが、方針転換する。現時点で実用化の見通しは立っていない。

 追加治験は…

この記事は有料会員記事です。残り851文字有料会員になると続きをお読みいただけます。