(時時刻刻)第5波、迫り来る医療逼迫 次々埋まる重症者病床 都内の繁華街、人出減少鈍く

有料会員記事

[PR]

 首都圏を中心に、新型コロナウイルスの感染者数が爆発的に増えだした。感染者の大半は重症化しにくい若い世代だが、感染者が増えれば一定の割合で重症化する人が出てくるため、医療逼迫(ひっぱく)は必至だ。自宅療養や入院を待つ人も急増し、「第5波」は日に日に深刻さを増している。▼1面参照

 「このペースでい…

この記事は有料会員記事です。残り2133文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら