(後藤正文の朝からロック)五輪に思う文化・芸術

有料会員記事

[PR]

 東京オリンピックの開会式が終わった。

 冒頭のプロジェクションマッピングの演出を見ていると、振付師のMIKIKOさんが演出責任者を辞任するに至った経緯が頭を過(よ)ぎり、いたたまれなくなって画面から離れた。

 ふと、2028年の開催地がロサンゼルスであることを思い出す。そこで行われる開会式では、映…

この記事は有料会員記事です。残り425文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

連載後藤正文の朝からロック

この連載の一覧を見る