(未完の最長政権)第4部:7 対北朝鮮、戦略に疑問 西野純也・慶大教授

有料記事

[PR]

 ■プレミアムA

 ――安倍晋三首相は、北朝鮮による日本人拉致問題を政治家としての原動力にしてきました。

 対北朝鮮交渉という観点では意味があったとは思えません。安倍さんは「拉致問題の解決」を公約として掲げた以上、交渉にはチャレンジしなければいけなかったし、実際に交渉して合意を作り出したことは評価…

この記事は有料記事です。残り1259文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。