ささいなことで一線越える危うさ 高瀬隼子さん「水たまりで息をする」

有料記事

[PR]

 第165回芥川賞候補になった高瀬隼子(じゅんこ)さんの『水たまりで息をする』(集英社)は夫が妻に「風呂には、入らないことにした」と突然言い出す場面から始まる。かたくなに水道水を避ける夫は次第に異臭を放ち、職場や家庭の人間関係がきしみ出す。日常のささいなことから一線を踏み越えてしまう、現代社会の危う…

この記事は有料記事です。残り410文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。