辺野古サンゴ、移植を許可 沖縄県、敗訴確定受け

有料会員記事

[PR]

 米軍普天間飛行場沖縄県宜野湾市)移設予定地にある名護市辺野古沖のサンゴをめぐり、沖縄県は28日、防衛省から申請があった約4万群体の移植を条件付きで許可したと発表した。

 移設計画では、全体で約7万5千群体のサンゴの移植が必要とされる。今回の約4万群体は、沖縄防衛局が2019年に移植を申請。県は許…

この記事は有料会員記事です。残り304文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら