(てんでんこ)遺された大川小:3

有料会員記事

[PR]

 ■残った思い出の場所は、校舎だけだった

 多くの児童たちが犠牲になった小学校の校舎を残そうという声は、遺族の間から広がっていった。

 2016年2月、宮城県石巻市の旧大川小学校の保存をめぐり、市が開いた公聴会。大学3年だった永沼悠斗(26)は、地元住民や遺族らを前に訴えた。

 「校舎を残し、人々の…

この記事は有料会員記事です。残り638文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

連載てんでんこ

この連載の一覧を見る