むき出しの感情に人間の本質 勅使川原三郎、「羅生門」を踊る

有料会員記事

[PR]

 芥川龍之介の「羅生門」に想を得た新作を、ダンサーで振付家勅使川原三郎が来月、東京と名古屋で発表する。この小説を選んだのは、単に古典としての傑作だからというだけではなく「今という時代に通じる命の手触りを、リアルに感じとれるから」と記者会見で語った。

ここから続き

 「羅生門」の舞台は平安時代の京都。ごろりと死体…

この記事は有料会員記事です。残り622文字有料会員になると続きをお読みいただけます。