「信頼できる大人」との出会い 児童文学作家・那須正幹さんを悼む 作家・辻村深月

有料会員記事

 『ズッコケ文化祭事件』という本がある。那須正幹先生の代表作「ズッコケ三人組」シリーズの中でも、私がとりわけ大好きな一冊だ。

 ハチベエ、ハカセ、モーちゃん。いつもの三人組のクラスで文化祭に劇を上演することになり、彼らはその脚本を近所に住む童話作家に依頼する。作家は自分が思う「子どもらしい」劇の脚本…

この記事は有料会員記事です。残り1177文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら