(ひと)古山将さん 野球日本代表を用具で支える甲子園優勝経験者

有料会員記事

[PR]

 華やかな野球のトップ選手が集まる日本代表に張り付いても、色めき立つことなく仕事をこなす。「空気のような存在」に徹する。

 2006年、全国高校野球選手権大会を制した東京・早稲田実の選手だった。時の人となった斎藤佑樹選手の1学年下の控え捕手としてベンチ入りし、試合中はおしぼりを渡すなどして支えた。

この記事は有料会員記事です。残り441文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら