(扉)こつこつ観察日記、立派な研究 小学校のハクチョウ記録55年、英誌論文に

有料会員記事

[PR]

 ゲノム編集ナノテクノロジーといった先端技術は近未来的でカッコイイと感じがちだ。でも、多くの人が小学校の夏休みに経験したアサガオの観察のように、対象のありのままを見る「観察日記」も立派な研究。科学誌で発表できる論文になることもある。

 「すばらしい価値だ」。八戸工業大の田中義幸教授(生態学)に…

この記事は有料会員記事です。残り1560文字有料会員になると続きをお読みいただけます。