(書評)『彼岸花が咲く島』 李琴峰〈著〉

有料記事

[PR]

 ■複数文化の地で抑圧されたもの

 とある〈島〉の浜辺にひとりの少女が流れ着き、付近に群生する彼岸花を採りに来ていた地元の子「游娜(ヨナ)」に発見される。少女はやがて目を覚ますが、漂着前のことを憶(おぼ)えていない。「わたし、なんでここにいるの? ……わたしはだれ?」「リー、海の向こうより来(ライ)…

この記事は有料記事です。残り814文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。