(てんでんこ)遺された大川小:5

有料会員記事

[PR]

 ■地元の犠牲者、「物陰」に追いやらない

 地元住民たちの後押しがあったから、被災した校舎は保存へと傾くことになった。

 2015年3月、宮城県石巻市の大川地区の住民でつくる「大川地区復興協議会」が開いた集会。この日、来場した126人に対し、地元の旧大川小学校をめぐって「保存」か「一部保存」、「解…

この記事は有料会員記事です。残り650文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載てんでんこ

この連載の一覧を見る