国・東電に賠償命令 帰還困難の634人に10億円 福島地裁支部

有料会員記事

[PR]

 東京電力福島第一原発事故で帰還困難区域となった福島県浪江町津島地区の住民640人が国と東電に損害賠償計約251億円などを求めた訴訟の判決が30日、福島地裁郡山支部であった。佐々木健二裁判長(本村洋平裁判長代読)は国と東電の責任を認め、634人に計約10億4千万円を支払うよう命じた。弁護団によると…

この記事は有料会員記事です。残り326文字有料会員になると続きをお読みいただけます。