サンゴ移植許可撤回 県「国、条件守らず」 辺野古沖

有料会員記事

[PR]

 米軍普天間飛行場沖縄県宜野湾市)移設予定地にある名護市辺野古沖のサンゴの移植をめぐり、沖縄県は30日、沖縄防衛局が移植作業の中止を求めた行政指導に従わなかったとして、移植の許可を撤回した。

 県は28日、水温の高い時期や台風の時期を避けるなどの条件を付けて移植を許可し、防衛局が翌29日から作業を…

この記事は有料会員記事です。残り243文字有料会員になると続きをお読みいただけます。