広島「黒い雨、早急に救済を」

有料会員記事

[PR]

 広島市松井一実市長は30日、被爆76年となる8月6日の平和記念式典で読み上げる「平和宣言」の骨子を発表した。原爆投下後の「黒い雨」を巡り原告全員を被爆者と認めた広島高裁判決の確定を受け、援護区域を限定せずに黒い雨被害者を早急に救済するよう政府に求める。区域拡大を求めた昨年までより踏み込んだ内容に…

この記事は有料会員記事です。残り77文字有料会員になると続きをお読みいただけます。