名盤は自分の耳で決めなくちゃ 村上春樹さん、クラシック語る新刊

有料会員記事

[PR]

 作家の村上春樹さんが、新著『古くて素敵なクラシック・レコードたち』(文芸春秋)で、クラシック音楽について初めて本格的に書きおろした。コロナ禍のこの1年、自宅にあったLPを真剣に聴き直し、思索を深める日々を送った、その証しの一冊だ。村上さんにとっていま、音楽を聴くこととは。書くこととは。音楽担当の編…

この記事は有料会員記事です。残り1932文字有料会員になると続きをお読みいただけます。