(大志 藤井聡太のいる時代)戴冠編:11 「置いていかれたくない」記録係の先輩が奮起

有料会員記事

[PR]

 藤井聡太(19)は2020年8月4、5の両日、神戸市北区での第61期王位戦七番勝負第3局で木村一基(かずき)(48)と対戦した。藤井の肩書は、第1、2局は「七段」だったが、第3局から7月16日に奪取した「棋聖」に。「王位」を保持する木村との対局はタイトルホルダー同士の激突となった。藤井は第3局でも…

この記事は有料会員記事です。残り653文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら