渋谷再開発、失われた寛容さ 高まった同質性、人を「選別」する街に 社会学者・南後由和さんと歩く

有料会員記事

[PR]

 東京五輪に後押しされ、東京都心はこの10年あまり再開発ラッシュが進んだ。大きく変容した街の一つが渋谷だ。再開発とコロナ禍を経て、街はどう変わったのか。社会学者の南後由和・明治大学准教授と歩きながら考えた。

 都内に4回目の緊急事態宣言が出る前の6月下旬の夕方、渋谷駅前のスクランブル交差点はマスク…

この記事は有料会員記事です。残り1872文字有料会員になると続きをお読みいただけます。