(記者解説)戦災救済、民間置き去り 根底に「受忍論」、いびつさ見直しを 編集委員・伊藤智章

有料会員記事

[PR]

 ・今の日本は原爆、沖縄戦などを除き、民間の戦争被害を救済する制度がない

 ・第1次大戦後から欧米は民間被害も補償した。戦時中の日本ですら制度があった

 ・国による慰霊や被害調査も不十分。当事者が存命のうちに救済立法を急ぐべきだ

     ◇

 戦災に巻き込まれた民間人の救済立法をめぐり、超党派国会…

この記事は有料会員記事です。残り2257文字有料会員になると続きをお読みいただけます。