全敗で敗退 バスケットボール 東京五輪

有料会員記事

[PR]

 開催国枠で45年ぶりに五輪に出場した男子日本代表(世界ランキング42位)は、1次リーグC組の最終戦でアルゼンチン(同4位)に77―97で敗れ、3連敗で大会を終えた。

 米プロNBAで活躍する八村塁渡辺雄太の2本柱で「史上最強」と呼ばれたが、対戦したスペイン(同2位)、スロベニア(同16位)、アル…

この記事は有料会員記事です。残り422文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら