(ぶらっとラボ)“猫歩き”ロボットで解明

有料会員記事

[PR]

 犬や猫などを使った研究が難しくなっている。動物福祉の観点から、本物の動物を使う実験を控えることが求められるからだ。そこで、大阪大の研究チームは猫が歩く様子を再現するロボットを作り、ちゃんと歩くのに不可欠な神経回路の候補を特定した。

 四足の動物が歩く仕組みはこれまで、脳や脊髄(せきずい)の神経回路…

この記事は有料会員記事です。残り603文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載ぶらっとラボ

この連載の一覧を見る