(ひと)松本祐子さん 中国の人気作家・余華さんの作品を舞台演出した

有料会員記事

[PR]

 中国で最も過激な作家ともいわれる余華(ユイホワ)さん。舞台化作品の演出は、7年前の「兄弟」に続き今春の「血を売る男」が2作目。中国の現代小説を日本人が脚色する例は、魯迅の数編を除き珍しい。

 大躍進や文化大革命の時代、貧しさから自らの血を売って家族を養う男が主人公だ。涙、汗、笑いが飛び散る舞台を見…

この記事は有料会員記事です。残り437文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら