熱海の盛り土、「人災」解明は 基準の3倍超、造成時から放置か

有料会員記事

[PR]

 静岡県熱海市土石流災害で被害を甚大にしたのは、起点近くにあった盛り土の崩落が要因とみられている。11年前には危険な状態となっていた可能性があるほか、それを行政が把握していた可能性もある。「人災」の疑いも指摘されているが、解明は途上だ。

 県は、盛り土が条例に基づく基準の3倍を超える危険な高さに…

この記事は有料会員記事です。残り1741文字有料会員になると続きをお読みいただけます。