(ひと)松本和巳さん 長崎被爆者の「初証言」を映画にした

有料記事

[PR]

 あまり経験を語ってこなかった長崎の被爆者ら10人の証言を集めたドキュメンタリー映画を監督した。沖縄で上映スタート、6日から東京などで公開が始まる。

 「a hope of NAGASAKI 優しい人たち」

 これが映画のタイトルだ。

 もともとは映像資料にするつもりだった。編集すると60分を超えた…

この記事は有料記事です。残り438文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。