(グローバル・ヒバクシャ 被爆76年:4)「死の灰」、私も浴びたのに 救済ない船員の苦悩、映像に

有料記事

[PR]

 「取った魚を廃棄させられた。ほんま泣いた」「みんな被曝(ひばく)者を嫌うけん。娘にはだまっちょった」

 スクリーンに高齢の漁師たちが次々と映し出される。高知県に住む彼らが語るのは、1954年に太平洋のビキニ環礁周辺でマグロ漁船を操業中、米国の水爆実験で被曝した体験だ。

 この記録映像を制作したのは…

この記事は有料記事です。残り1129文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。