普通交付税、不交付団体22減

有料記事

[PR]

 総務省は3日、国から自治体に出す今年度の普通交付税について、新型コロナウイルスの感染拡大による税収減などの影響により、自主財源が豊かな「不交付団体」が22団体減ったと発表した。普通交付税の総額は前年度比5.1%増の16兆3921億円となった。

 不交付団体は、現在の76団体から54団体に減少。川崎…

この記事は有料記事です。残り31文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。