(ひと)武田泰明さん 五輪選手村の食堂で出される食材の基準づくりに尽力した

有料会員記事

[PR]

 東京五輪パラリンピック選手村で提供される食事は、1日5万食近く。農畜産物は、農薬の適正使用や保管、作業中の安全など持続可能性のある農業に取り組む「GAP(ギャップ)」認証を取った農場で生産される。その国内での認証規格づくりや普及に関わってきた。「世界記録を塗り替えるかもしれない人たち向けの食事…

この記事は有料会員記事です。残り445文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら