(扉)流星群観察、8年に一度の好機 13日の明け方ピーク、1時間に50個も?

有料会員記事

[PR]

 三大流星群の一つ「ペルセウス座流星群」が13日の明け方、ピークを迎える。今年は、流れ星が最も多く現れる極大の時刻と月齢の関係が8年に一度の好条件。暗い場所でなら1時間に50個ほどの流れ星が見えそうだ。近年は、流星群のもとになる彗星(すいせい)の軌道から、流れ星の数を予想しようという研究も進んでいる…

この記事は有料会員記事です。残り1439文字有料会員になると続きをお読みいただけます。