(語る 人生の贈りもの)江口寿史:15 絵も鍛錬、もっとうまくなる

有料会員記事

[PR]

 ■漫画家・イラストレーター、江口寿史

 《江口さんは作画の際、手描きとデジタルを併用する》

 ペン入れには筆ペンを使ってます。強弱を自在に操れて、感情を持たせることができるから。気持ちのいい時は気持ちのいい線が描ける。気持ちと筆先の間に誤差があまりないんですね。ほかのペンだと「ああ、こういう線じ…

この記事は有料会員記事です。残り672文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載語る 人生の贈りもの

この連載の一覧を見る