(書評)『[治安維持法の歴史1] 治安維持法の「現場」 治安維持法事件はどう裁かれたか』

有料会員記事

[PR]

 ■司法の各段階で解明、全体像へ

 法律は時として、法の名の下で人権蹂躙(じゅうりん)を国家に許す。敗戦まで20年に及ぶ治安維持法の歴史は、その最たるもの。「国体」変革を目指す動きに関係ありと官憲が見なせば、強引な理屈で断罪された。当初の目的である共産党の弾圧を超えて、戦時中には教育・宗教の小集団や…

この記事は有料会員記事です。残り880文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら