被爆76年、広島は問う 核禁条約発効、市長「参加を」 首相触れず

有料記事

[PR]

 広島への原爆投下から76年となった6日、広島市中区平和記念公園で平和記念式典が開かれた。あらゆる核兵器の開発や実験、使用などを禁じる核兵器禁止条約が1月に発効して初めて迎える「原爆の日」。広島市松井一実市長は平和宣言で、一刻も早く条約に参加するよう日本政府に求めた。菅義偉首相は式典のあいさつで…

この記事は有料記事です。残り733文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。